丑の刻参り

ブログトップ

<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

丑の刻参りと感謝の心・・神様は見ています。

みなさん、おはようございます。

丑の刻参りと感謝の心、必要ですね。

今月の25日に私の丑の刻参りの教え子が他界致しました。

彼は15才の時に骨肉腫に犯され17才の10月に

病院より余命幾許の診断で私の所に来ました。

その時の彼は人生の悟りを知り友人に向けて骨肉腫の恐ろしさ

と命の大切さを友人に手紙を書き手渡しました。

その時の文を簡単に言うと、家族の皆さん、友人の皆さん、

この病気になるのは自分だけで良い・・・

このような苦しみは自分だけで良い、だから健康でいてね・・・・

とても素直な子でした。

そして私と丑の刻参りをした初日・・・何と神社の香りがいつもの

香りと違い、死臭が漂い私と一緒に行った仲間がビックリでした。

そして、丑の刻参拝が終わる頃は花の香りとヒノキの香りで一杯になり

めでたし、めでたしでその時は終わりました、その後二回目の丑の刻参りは

またビックリで彼が来た時の香りは素晴らしい良い香りで彼の人生が

これで変わったことを確信致しました、その時に彼から不思議な体験を

した事を聞き、またビックリお社の扉の前に座った時に彼の体の肺の

部分に神の手が入って来て、痛みが取れたそうです、そして体の痛みが

取れたことを聞きました。

その後・・・彼は色々な不思議な現象を目で見る能力が付き

神社で神さまのお顔が見えるようになり、何時でも自分は

守られていることを確信し、自動車の免許を取得し、彼女を作り

アルバイトもし友人と旅行にも行き夏にはサーフィンもし

、大学受験の大検にトライし来年の春には大学を目指して

勉強をする為に名古屋で一人暮らしをし頑張っていました。

数日前のクリスマスの日、彼は仲間とクリスマスパーティに

行く数時間前に突然テレビゲームをしている時に意識を失い

総合病院に入院ICUに入り検査を受けた結果、肺に腫瘍が

見つかり肺の機能が落ちてあの世に行きました。

病院で解剖を受け、ドクターがビックリ・・・腫瘍が肺の部分だけで

他には転移して無かったのです、しかも痛みも無く、食欲もアリ

亡くなる寸前にケーキを食べ昼食をしテレビゲームし

普通の生活の中、他界致しました。

神様と共に生きていた彼は今・・・神様と一緒に天国に召され

神様のシモベになり天国とこの世を行き来出来る力を持ち

楽しんでいると思います。

今日の日記は取りとめも無い日記でした。

文の読みにくいこと、お許し下さいね。

彼の魂の開運と繁栄を祈りつつ。

ありがとうございます。 感謝

e0035273_6464787.jpg
e0035273_647433.jpg
e0035273_648511.jpg
e0035273_6493184.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2007-12-30 06:52 | 丑の刻参り

新月の丑の刻参り

e0035273_4414468.jpg


e0035273_4422515.jpg


e0035273_4431141.jpg


みなさん、おはようございます。

今月の新月の丑の刻参りは10日の午前0時半からです。

今年最後の新月の丑の刻参拝ですので

氣を付けてお参り下さいね。

追伸、22日の冬至の丑の刻参拝もお忘れ無くね・・・。

ありがとうございます。 感謝


月華波動竹炭で大開運

創業288年 古橋竹材店
[PR]
by furuhashi300 | 2007-12-07 04:43 | 新月の丑の刻参り