丑の刻参り

ブログトップ

カテゴリ:丑の刻詣( 9 )

丑の刻詣

月華波動竹炭で大開運

創業288年 古橋竹材店

大晦日は新月です。
潮の時間を見て御参りに行くと良いと思います。
潮の時間は気象庁のネットで出ているので皆さん調べて下さいね。
http://www.data.kishou.go.jp/kaiyou/db/tide/suisan/suisan.php
新月ですので干潮の仕官に神社に行かれると良いと思います。
なにせ、大晦日の夜と元旦は神社に参拝客が大勢きますので、
神様も大変だと思います。
30日の丑の刻に御参りするのも良いと思います。
人が大勢いない時に行くと潜在意識も働きだしますので
良いと思いますよ。
新年の初詣は出来るだけ潮の時間を見てお出かけすると
良いと思いますよ。
一年で一番人が丑の刻詣でをする日ですのでね。  感謝
e0035273_6201214.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-12-29 06:20 | 丑の刻詣

丑の刻詣

e0035273_8251515.jpg
町内の神社に丑の刻詣でに出掛けて来ました。
街中のお社ですので、手を打つのもご近所の迷惑を考えて御参りしてきました。
深夜の街中の神社も静寂な雰囲気で神様のいるお社に思います。
本当は自分の中の神格した意識を引き出し共鳴させているので
おのずと、自分が思う神様が出て来るのだと思います。
深夜の1時は寒かったです。    感謝
e0035273_8253680.jpg
e0035273_826943.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-12-08 08:26 | 丑の刻詣

新月・丑の刻詣

今から準備して丑の刻詣でに出かけます。
今日の浜松のメンバーは9人の予定です。
干潮は0時です。
23時30分よりはじめます。
では、また帰宅したときに更新する予定です。  感謝
e0035273_2122923.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-12-01 21:22 | 丑の刻詣

今回の新月は楽しく面白い日に

今回の新月の月が満ちる時間帯に丑の刻詣でをお勧め致します。
潜在意識は動き働き出すことと思います。
尚、素直な心で本当の自分を見に出掛けるのですから、
邪心のある方にはお勧め出来ません。
私の発案で東京で丑の刻詣でをされている方がいます。
色々な楽しい結果が出ているようです。
今、丑の刻詣でをしている地域は東京台東区、富山市、浜松市、掛川市、蒲郡市、川崎市
と、増えています。
スナップは浜松市神久留神社です。
尚、神社はどこでも良いと言う訳では無いので、しっかりと下調べしてからお出かけ
することをお勧め致します。   感謝
e0035273_8405916.jpg
e0035273_8422241.jpg



e0035273_844099.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-11-29 08:42 | 丑の刻詣

丑の刻参りの予定

次回の丑の刻参りは新月12月1日の深夜です。
最近、忙しくて、ブログの更新が・・・・・。  感謝
e0035273_8412848.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-11-24 08:41 | 丑の刻詣

丑の刻詣

丑の刻参りは月の時間に色々と左右されます。
参考に月暦を見てください。  感謝
e0035273_9494297.jpg
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm
[PR]
by furuhashi300 | 2005-11-20 09:49 | 丑の刻詣

丑の刻詣でをしてきました。

今回は豊川市の玉林寺さまで15人ほどあつまり、皆さんで本堂と豊川様、お釈迦様に
お参りさせて頂ました。
樹齢600年の楠木にも御参りして、感謝感謝感謝でした。
今回は豊川稲荷様と玉林寺に満月の日に焼いた竹炭を奉納させて頂ました。 感謝
e0035273_0125566.jpg
e0035273_0131570.jpg
e0035273_0133717.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-11-17 00:13 | 丑の刻詣

丑の刻詣り

今日の午後25時に丑の刻詣でをします。
場所は豊川市、豊川稲荷の玉林寺さまです。
                       感謝
e0035273_005373.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-11-15 11:09 | 丑の刻詣

丑の刻詣

皆さんこんにちは。
今回は丑の刻、夜参りについて考えて見ます。
古来より丑の刻詣ではあったのです。
それは、能によって語り継がれています。
http://tanto.sunnyday.jp/kyoku/097hashibenkei.htm
能『橋弁慶』のあらすじを書くと、最初弁慶が「我宿願の子細あって。五条の天神へ。
丑の刻詣を仕り候」と言います。すると従者は最近途中の五条橋で謎の少年が
人を斬りまわっているからと止めますが、弁慶は「聞き逃げは無念なり」と逆に
討ち取る決心をして橋に向かいます。そして有名な牛若丸と弁慶の勝負の末、
弁慶は敗れて牛若の部下になる、というものです。
有名な牛若丸と弁慶の勝負の影には、丑の刻詣での関係があったのです。
丑の刻詣=この深夜を冒して参詣すれば、祈願は必ず成就すると信ぜられていたのです。
私の行っている丑の刻参りは心願成就をはたすのが丑の刻に近い時間帯であり
呪詛が目的のものではありませんので勘違いされないようお願いしますね。
そしで自分を磨き自分の姿を見るためです。
潜在意識は丑の刻に動き働きだします。   感謝
e0035273_10351338.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-11-13 10:34 | 丑の刻詣