丑の刻参り

ブログトップ

丑の刻詣

昨日、私どものお客様からお電話がありました。
丑の刻詣は満月の日しかだめですか、
と言う問い合わせでせした。
私はいつも思うのですが、その時その時に
行けば良いと思っています。
ただ共時性を考えるのでしたら時間と場所、
干潮、満潮新月、上弦、満月、下弦と意味が
ありますので、氣にして行くことも
必要ではないかと思います。
最近、この丑の刻詣が全国に
波及していることも事実です。
しっかりした心と優しさ思いやりを
持って行くことをお勧め致します。
ちょつとお話しは変わりますが
今まで自粛していた竹炭の活用技術・
人間の持つ潜在能力について講演を全国で
して行こうと思っています。
今日から活動をぼちぼちとして行きますので
みなさん興味があるようでしたら御問い合わせ
下さい。講演費用セミナー費用は手弁当で
行きますのでご安心下さい。
皆様のご健康とご多幸を祈りつつ。  感謝
e0035273_8391311.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2006-02-13 08:48 | 丑の刻参り