丑の刻参り

ブログトップ

心願成就の信仰

丑の刻と言えば京都の貴船神社です。
参考に
http://kyoto.e-machi.ne.jp/tmpl/osusume/goukaku/kifune.html

丑の刻詣のご利益とその由来

貴船神社は、鴨川の水源地にあたり、「高おかみ神」様という水を司る神様を祀っています。水の神様としての信仰はもとよりですが、心願成就、えんむすび、航海安全、火防せ・消防の神様としての篤い信仰が今も続いています。
特に本宮よりさらに北上した場所にある「結社」「奥宮」は、もともと本宮が鎮座していた場所で、「えんむすび」に大きなご利益があるとされています。
どうして水の神様が心願成就、えんむすびなの?と思われるかもしれませんが、これは水の働きから生まれた信仰です。水は命の源ですが、汚いものを洗い流す浄化力もまた優れています。心が洗われると元気がよみがえり、運も開かれるということで、運気発祥、開運の信仰、つまり何でも願い事を聞いて運を開いて下さる心願成就の信仰があるのです。

この説明では、水を司る神様と言うことですが、本来丑の刻にどの神社も神事を行なって
いることは、事実です。
潜在意識は知っています。あなたの思いを叶える方法をね。  感謝
e0035273_028980.jpg



     
[PR]
by furuhashi300 | 2006-01-22 00:29 | 丑の刻参り