丑の刻参り

ブログトップ

冬至の神事

隠された神事、丑の刻の神事です。
冬至についてもう一度、詳しく説明いたしますね。
12月22日深夜の1時に「蘇生の儀」を執り行なえばよいと言われています。
冬至の日は最も太陽光線が衰えた時で、黄泉の国の神威、マイナスのエ
ネルギーが最大となる時です。そのため、人の世では鎮魂祭を執り行い、
再び魂が活発になり蘇えることを願うことにより、このときを期に高天原の
神威、プラスのエネルギーへと変わるときと言われています。
尚、冬至の日に関しては丑の刻に遊び半分で行かない用お願いいたします。
スナップは豊川稲荷 末寺 の玉林寺様の御神木 樹齢600年の楠木です、
閻魔大王様、豊川稲荷様の御神体です。 感謝
e0035273_0545723.jpg
e0035273_0554994.jpg
e0035273_0561725.jpg
e0035273_0564872.jpg




e0035273_135622.jpg

[PR]
by furuhashi300 | 2005-12-10 01:00 | 丑の刻参り